印鑑のきまり|三文判じゃダメ

イメージ画像

アパートを借りるとき、マンションを購入するときなどには印鑑が絶対に必要となります。
職場で借りているような場合は、契約者が本人ではないですから
その場合は自分の印鑑は三文判程度のものでも大丈夫ですが、
契約者が本人である場合は、実印や印鑑証明というものが必要となります。

三文判というのは、いわゆる認印です。
はんこやさんや文房具屋さんに、はんこが入っている棚をみかけたことはないでしょうか。
かなり独特の形をしていますから、必ずどこかで目にしているはずです。
あれに入っているのが、三文判です。

三文判の棚もあれば、シャチハタの棚もあります。
両方が置かれているようなお店もありますから、必要な印鑑をしっかりと確認して購入するようにしましょう。

三文判もシャチハタも認印では? と思うかもしれませんが、ちょっと違います。
三文判は朱肉を必要とするようなタイプの印鑑で、
シャチハタとは、インクが元々印鑑に内蔵されているようなタイプです。
そのため、朱肉を必要としないでワンプッシュでしるしをつけることができるわけです。

どちらも安値で手に入りますが、用途は以外にばらばらです。
どちらかというと、三文判の方がちょっとだけ重要な書類にもつかえます。
一応実印などとして登録可能なものもありますが、あまり相応しいとはいえませんので
あくまで自己責任となります。
インクが内蔵されているものは、内部書類等以外ではあまり好まれません。
スピードが重視されるような場面だけともいえるでしょう。

印鑑であると便利なおなまえスタンプ
http://www.amysusbornebooks.com/
印鑑素材の種類
http://www.chatlaklak.com/

このページの先頭へ