安易に押せない印鑑

認印イメージ

認印といえば、どこにでも売っている安物を思いつきますが、当然お金をかけたような高価な認印もあります。
この場合は、はんこやさんに注文をして、特別につくってもらうのが普通ですから、その辺で簡単に手に入れることは出来ません。
ですので、ある意味特注品の認印ともいえなくはないのです。

こだわりの認印をつくる人は、他の人と同じものを持ちたくない、という考えだったり、せっかく印鑑を持つのなら、こだわったものを手に入れたい、といったような思いを持つことが多いようです。
普段は印鑑のオシャレに気がまわらないという人もいるかと思いますが、ふとなにか、印鑑を必要とした状況になったとき、印鑑について改めて考えてみるのもいいかもしれませんね。

認め印なら、安易にぼこぼこ押しても問題ないだろう、という考えを持つ人もいるかもしれませんが、一応印鑑なのですから、そう簡単に押すものではないのです。

例え認印であろうとも、何らかの契約の際に必要とされる場面では活躍しますし、町内会の回覧板にも使えるともいえます。

ですが、印を押すということは、何かの確認をして納得したという意味なのですから、その内容に納得できなければ押すことは出来ないのです。

ですので、普段から何かと認印を押す機会が多いという人は、その状況を改めて考えてみましょう。
もしかしたら、相応しくない状況にも、印を押してしまっているかもしれませんよ。

ページの先頭へ